薬剤師の求人・転職│学校薬剤師という選択肢

薬剤師求人 - 学校薬剤師への転職について

薬剤師という職業は、その専門性の高さ故に、様々な職種が存在しています。一般的な薬剤師のイメージは、病院の隣にある調剤薬局で、医師から処方された薬を渡してくれる方、というものが強いでしょうが、薬剤師の職種にはこれだけでなく、学校で勤務するものも存在します。それが「学校薬剤師」と呼ばれる職種です。
薬剤師が転職するメリット・デメリット

学校薬剤師の主な作業内容は、学校内の衛生環境の検査、及び児童や生徒が学習する快適な環境を構築するための、助言や指導をすることです。

例えば、保健室等に保管されている薬品の状態を定期的に点検したり、理科室等に実験用として保管されている、引火性の強い薬品や、毒物・劇薬といったものがセキュリティ的に見て問題なく管理されているか等について検査を行なったりします。学校における薬品や衛生管理に関連する事項の全ては、学校薬剤師の指導の下に行なわれています。

その他、近年学生レベルにまで広がってきている薬物乱用防止の活動を支援する事も学校薬剤師の大切な仕事の一つです。このように、学校の医療関係者の中にも、薬剤師は存在しています。薬剤師と言う職業の幅の広さが分かりますね。

薬剤師として就職をしたものの、現状の仕事に今ひとつ満足できない方もいらっしゃるでしょうが、学校薬剤師の話からも分かるように、薬剤師という職業には非常に多様な選択肢が存在します。

薬剤師としてどのような仕事に就きたいか、それを手助けしてくれる力強い味方が、薬剤師専門の求人サイトです。薬剤師の求人に特化しており、コンサルタントも薬剤師の仕事に精通している方が多いので、専門的な質問にも対応してくれます。

登録についてもパソコンから簡単に出来ますし、一般の求人サイトには載らない非公開の求人情報を取り扱っているところも多数存在します。求人先との交渉や面接日程のセッティングまでコンサルタントが行なってくれますから、今の仕事をしながら転職先を探す方にも、薬剤師専門の求人サイトはお勧めです。
一般社団法人 京都府薬剤師会

薬剤師の転職先(企業病院編)

経営困難になり病院を閉鎖する開業医や、担当医師が足りないため閉鎖される病院の科目が増加している昨今、医療現場の崩壊という言葉は現実味を帯びてきています。特に産婦人科については、医師が不足なため、最寄に産婦人科が全くない「お産難民」と呼ばれる妊婦さんの存在も問題視されています。

一口に病院といってもその種類は様々です。公立病院や開業医に加え、私立病院や企業病院等もあります。公立病院の職員になるということは公務員になるということなので、生活は安定しますが、ポストの空きも出にくく、就職はかなり難しくなります。今回は、企業病院への転職について考えてみましょう。

企業病院とは、その名の通り特定の企業が経営する病院になります。診療の対象となるのは、企業の従業員及びその家族のみという場合もあれば、一般の方も対象としている場合もあり、病院によって様々です。途中退職したとしても、一定期間その企業に勤務していればずっと利用できるというようなところもあります。

雇用形態や福利厚生、労働条件等についてもそれぞれの企業病院で特色があり、その企業独自のカラーを打ち出しているところも存在します。企業病院への転職を考えている方は、そういった病院毎が持つ特色を十分リサーチして、対策を立てる必要があります。

ですが、仕事をしながらそういった情報収集を行なっていくのはなかなか大変なものがありますよね。そういった方々には、薬剤師専門の求人サイトをご利用されることをお勧めします。サイトへの登録はパソコンから簡単に行なえますし、登録が完了すると、専任のコンサルタントから連絡が来ます。

自分が希望する企業病院の条件等について、遠慮なくコンサルタントの方に伝えましょう。細かい条件までヒアリングした上で、コンサルタントが、希望の条件に合致する求人先を探し出してくれます。

職場の見学や面接を希望したい時は、その旨を伝えればコンサルタントが細かい日程まで調整してくれます。サイトによっては転職後も色々サポートしてくれるところもありますので、是非一度試してみてはいかがでしょうか。